続・オレ色眼鏡

「代行の 運ちゃん運転 荒すぎる」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒がり本部長

高田さん、鳥肌立ちすぎですよと。

朝方、ビデオ録画していたPRIDEグランプリ2005を見た。
これまでシウバの一人勝ちだったミドル級に
新しいスターが誕生した。

これでシウバの株は下がってしまった。
今までは対戦相手に恵まれていただけなのか。
(思えば、過去に闘った相手は日本人ばかりで強豪といえばヘンダーソンとジャクソンぐらい?)
モチベーションが心配だけど、復活に期待しよう。

逆にアローナはよくやった。
さすがアブダビコンバットの王者だけあって
グラウンドでのバランスが抜群にいい。

アローナは試合後のインタビューで
「マットで頭を打ちつけてしまい、意識が飛んでしまった」
と言ってたけど、
それを差し引いてもショーグンは強かった。
アリスター戦では、意外にグラウンドテクニックが
あることも見せつけた。

ところで
ミドル級GPチャンピオンはショーグンで
ミドル級の王座はシウバって
同じ階級でタイトルが並立しているのはアリなのか?


ヒョードルは磐石。
今回はかなり打撃の練習を積んできてたようだった。
まさかヒョードルがハイキックを出すとは。
オランダのボスジムでトレーニングを積んできたらしいけど
2R開始直後のコンビネーションなんかは
いかにもボスジムっぽかった。

ミルコもヒョードルの打撃がこんだけうまくなってるとは
思ってなかったんじゃないだろうか。
スタンドで優位に試合を進められなかったのが敗因。
ヒョードルの圧力がすごかったのか
あまりキックが出てなかったように思う。
まぁ、安易にミドルやハイを蹴ると
一気にテイクダウンを取られてしまうから
怖いんだろうけどもっと蹴って欲しかった。

打撃を覚えたことで立っても寝ても闘えたヒョードル。
スタンドで優位に試合を進められなかったミルコ。
闘い方の幅の差が出た。

ミルコが弱いんじゃない。
ヒョードルが強すぎたのです。

個人的にはヒョードルが勝ってよかった。
もし"今の"ミルコが勝っていたとしても絶対的な王者になり得たか。
なんか初防衛戦くらいでハントとかに負けそうな気がする。

ところで
テレビ放映の煽りVTR。
あまりにミルコ寄りな気がした。
実際の会場はどうなのかは知らんけど
あれじゃヒョードルは完全に悪者。
もっと中立な見方でやってやらんといかんわな。


最後に愛すべき
我らが高田本部長の今大会の名言をば。

「まさにね、盆と正月がいっぺんに来たような、…そんな感じがしますね。」
(オープニングで三宅アナとの会話にて)

「倒れない、倒れない」
(アリスターがショーグンのタックルに倒れない様子を見て)

「取らせない、取らせない」
(アリスターがショーグンにテイクダウンを取らせない様を見て)

「あぁ鳥肌たったね、今ね」
(ショーグンがアリスターをKOし勝利したのを見て)

「鳥肌が止まりませんよ」
(シウバ、アローナ戦を前に)

「すごぉーい強い」
(ショーグンがアローナにTKO勝利した瞬間)

「興奮してるんですよ、興奮してるの」
(ショーグンの勝利にシュートボクセの面々がリング内になだれ込んできたのを冷静に分析して)

「常にリーサルウェポン!」
(ショーグン、アローナ戦のリプレイ中。ショーグンの打撃が強烈なことを表した様)

高田本部長、御馳走様です。
スポンサーサイト

化け物たちのどんちゃん騒ぎ

モンスターバッシュに行ってきた
…いや、往ってきた。

死んだ死んだ。
だって、オープニングからサンボマスターなんていう
濃い~野外ライブがほかにありますか。

サンボマスターの山口さんにはなんかオーラがあった。
あの人の歌声(というより叫び)を聴くと
皮膚がゾワゾワッと粟立ってくる。
(別に気持ち悪くてってわけじゃないです)
すごくかっこよかった。
でも、しゃべりすぎ(笑)歌詞の半分も歌っていなかった。

銀杏BOYZは
他のバンドが
いろんなバンドが出演する野外ライブということで
みんながわかりやすい、シングル曲中心のステージを展開する中
『青春時代』以外は全てアルバム曲。
それでも単独ライブのときよりは幾分ソフトな選曲だった。
ただ、ステージをゴロンゴロン転がりながら
『日本発狂』を歌ってるときは
さすがに隣の女の子は若干引いていたけど。

結局、峯田くんは
ステージ上におつゆを撒き散らし
ステージ裏の丘へ猛ダッシュし
マイクを一本ダメにし
けつを出して帰っていった。
最低で最高のライブだった。

そういえば、ミゾオチっていう4人中3人がメガネという
素敵なバンドのベースの人にサインをもらった。
(さっき調べてんだけど、この人たち年下なんだね…)
来年辺り化けるんじゃないかとボクは思ってます。

他に特筆すべきことは…
湘南乃風はみんなもれなく悪そうだったこと。
イナズマ戦隊のベースが一番かっこよかったこと。
サスケがMCで全然声を張っていなかったこと。
ボクのTシャツがライブの中盤くらいまで後ろ前だったこと。


眠れない夜のお供に



『快楽の動詞』
山田詠美
文春文庫

駄洒落の粛清を図る女、口が減らない男と口が増えない男、外見だけでなく言葉を受け止める能力まで「すきっと、さわやか」な男。
魅力ある登場人物が紡ぎだす奇妙なストーリーの数々。
男と女を描き出すのに文学は有効なのか。


●こんなん読んでみましたー。
今まで、宮部みゆきさん以外の女流作家さんの本は殆ど読んだことはなかったけど、これはなかなかおもしろかった。
でも、どんな本かと言われても“変な本”としか言いようがない。
不思議な短編集。

無知なボクには全てを理解することはできなかった。
この本はさらっと読み流す人と、読んだ後に深く考える人の2つに別れると思う。
ボクは前者。
後者の人は大変だろう。
行き着く先のない思考は堂々巡りを繰り返すに違いないから。

読まず嫌い

暇、かつ眠れないので連続更新といきます。

ボクはあまり女流作家の本を読まない。
なぜか。
基本的に(そういう括りがあるのかどうかはしらないが)恋愛小説みたいなものが苦手だからだ。
恋愛路線に走った一時期の村上ドラゴン(龍)氏の小説は嫌いだったし、みなが絶賛する辻仁成も受け付けなかった。

思いっきり先入観だけど、やっぱり女性の作家さんが書く題材は愛だの恋だのを扱ったものが多い気がする。

ボクは女性差別論者ではないけれど、男と女ではやはり考え方が少し違うと思う。
(同じ理由で外国人作家の本もあまり読まない)
須らく感性も違ってくるわけで、面白いと思うものも違ってくる。

男が憧れを抱くものに多くの女性たちは賛同の意を示してくれない。
ミリタリー然り、鉄道然り。
そして、ガンダム。
初代ガンダムのビデオを借りようか逡巡しているときに、こちらを見ている女性のあの蔑んだ目…。
マチルダさんに憧れたっていいじゃない!
ランバ・ラルは男の中の男じゃない!!

…話が逸れた。

同じ文庫で500円を払うんなら、幾重にも伏線が張り巡らされた重厚なミステリーや人がガンガン死んでいく“馳星臭”がするものを買う。

ボクの交友関係に女っ気はほぼないが、本棚も相当男臭い。
汗臭い本棚の中で、唯一宮部みゆきさんだけが清涼感を与えてくれている。

先入観を捨てて、もっと読まなきゃとは思うんだが…。
そんなこんなで今、田口ランディさんに挑戦中。

迷走なり

昔見ていたドリフのコントにこんなのがあった。

タンスの抽斗が出ているのが気になった
志村けんがそれを直す。
すると別の抽斗が飛び出してくる。
飛び出してきた抽斗を直すと
今度は一番上と一番下の抽斗が飛び出す。
(ちなみにこのとき志村けんは頭と脛を強打する)
それじゃあと、2ついっぺんに直そうとすると
他の全部の抽斗が飛び出す。

今の状態はまさにこんな感じ。
ここはいいんだけど、あそこが少し気になる。
けれど、気になる部分にかかってしまうと
今度は別の部分が無理をしてくる。

こっちを立てればあっちが立たず。

下ネタじゃないよ。
人生とはかくも難しいということを言いたいの。

思えば大学1年の頃は1食で米を2合食べていた。
今では1,5合
ボクも大人になったもんだ。

最近の堕落した生活は、我ながら目に余るものがある。
昨日、忘れていた分の日記をつけようとしたが
2日前何をして過ごしていたか全く思い出せない。

政治家が
「全く記憶にございません」
なんて言うけど、あれはホント。
"あんまりダラダラした日々を過ごしていると"
ちょっと前のことでもわからなくなる。

中学くらいまではいわゆるゲーマーだったボクも
最近はゲームをほとんどしなくなった。
今はプレステ2も持っていないし
友達の家に行ったときにちょこっとやるくらいのもの。
それにはまぁいくつか理由があるのんだけれど
この話についてはまた今度。

そんなボクも
最近スーパーファミコンにはまってしまった。
『幽遊白書』(格ゲーじゃない方)と『ワンダープロジェクト』。

にしても戸愚呂弟はガチ。
ちょっとの霊力しか使わないのにあんだけ威力がある「指弾」
あれは反則だ。
パンチが強すぎ、防御力ありすぎ等いろいろ文句はあるけどその一点に留めておこう。
あんだけ連発されたらたまったもんじゃないわと。

えっ、マニアックすぎてわからないって。

盲点

後輩いわくサークルの練習再開は九月中旬。
盆休み長すぎ。
鬱屈とした日々で、楽しみといえばサッカーだけなのに。
なんでも人が少ないらしい。
元キャプテンの権力で強引に再開させてもいいんだけど、この生まれもっての求心力のなさ。
人が集まるとは思えず、無残な結果に終わることは目に見えている。
内政干渉は止めとこう。

堀江社長が衆議院戦に出馬するらしい。
久々に見た彼は、顔がいやに白い。
気合いの入りようがドーランの塗り具合にあらわれている。
ここにきて眉毛をいじりだしたのも気になる。
まぁ、どうでもいいけど。

朦朧とする意識の中で

何度扇風機のタイマーをセットし直したことか。
あまりの暑さに目が覚めた昼すぎ。
テレビを点けるとちょうど甲子園の決勝を放送していた。

試合は1対1。
普段野球を見ないボクも画面に釘付けになった。

試合は1点を争う好ゲームとなったが、
7回裏に奪った2点が効いて駒大苫小牧が夏2連覇を果たした。

9回表に京都外大西の3番(だったっけ?)が三振に倒れると
駒大ベンチは歓喜に沸き
京都外大西の選手たちは涙を浮かべ崩れ落ち
そしてボクは
コンビニの見切り品で半額になっていたカレーせんべいをひとつほお張った。

昔っからなんで甲子園のスタンドやマネージャーにはかわいい人が多いのだろうかと疑問に思っていた。
当然だ。
一球入魂よろしく白球を全力で追いかける高校球児と、横になってスナック菓子をむさぼる九州男児。
そりゃあ、奴さんの方にいくに決まっている。

高校球児が球場で輝くなら、ボクはバイト先で輝こう。
明日も一皿に全身全霊を込めてパスタを盛ろうではないか。

11時~Lのロングリリーフ。
自慢の右腕が唸るぜ。

風吹かぬ

ブランクか。
夏休みということもあってか、たしかに客足は多い。
でも、それにしてもバイトがいやにきつい。

まだ6連勤の2日目だっていうのに。


疲労困憊で家に帰る。
なんかの勧誘なのかスーツ姿の若い兄ちゃんがマンションの前に立っていた。
話しかけられそうな気がしたので目で殺す。

隣のマンションへと向かう兄ちゃんを尻目に郵便受けに手を突っ込む。
先月分の電気代が6000円を超えていた。
普段は2000円もいかないのにさ。

就職も決まらない。
そりゃそうだ。
出来る男は醤油を台所の床に撒き散らしたりしない。

頭の中では鈍痛が世界新ペースで走っている。

高校の枠を超えてしまったソレ

今日の夕方宮崎に帰省し、しばらく不摂生な生活が続くであろうボクです。

木田さんよりイメージバトンが回ってきました。(詳しくはトラックバックを見てみてください)
「不倫」→「文化」という流れは少し笑ってしまいましたが。

ではボクも超高校級のバトンをば。
「民族」と聞いて連想するもの…
「ジャングル」ですか。

…えぇ、普通ですよ。
「まりも」→「初恋」みたいな飛躍した連想はボクにはできません。

それではマルディニスタさん、兎小屋主将さん、神炎さん続きをどうぞ。



追記

え~、今コメントに気づきました。

ボクに回ってきたバトン違ってたみたいです。
すいません。

「大合唱」→「ウシガエル」
という流れみたいです。
仕切り直し。

ウシガエルから連想するもの…
じゃあ、「中尾彬」で。

突然のカミングアウト、止まる箸

小学校の20周年記念のサッカー大会で
中学生に削られたボクが帰ってきましたよ。


18時から怪我と骨折で2回も延期になっていた
『銀杏BOYZ』のライブに行ってきた。

世界で最も汚くて、世界で最も濃いライブが終わったとき
時計の針…もとい
ケータイのサブ液晶が示していた時間は21時半。

ミネタ氏のMCは相変わらず何言ってっかわかんないし
あびちゃんは心なしかあごの周りにお肉がついていて
チン君は小さすぎて2列目からでもあまり見えなくて
村井君のTシャツはヨレヨレで。

陳腐な言い回ししかできないけど
それでも4人の男たちが紡ぎ出す音楽は
最高にかっこよく、最高に熱かった。

おかげさまでこちとらの身体は悲鳴をあげた。
酸欠だか脱水症状だかなんだかしらんが、途中見てる景色がグルグル回って、頭がこんがらがって立ってられなくて途中退場しちまった。
2列目だったのに惜しいことをした。

でも、いっか。
ヒートアップしたミネタ氏が客席に飛び込んできたおかげで
その御髪と御股間に触れることが出来たんだから。

2列目でミネタ氏の唾やら汗やらを浴びながら聴く『若者たち』もよかったけど
壁に寄りかかりながら男たちの体臭や半端じゃない後ろからの圧力を気にすることなく、しみじみと聴けた『BABY BABY』もなかなかよかった。

すごいライブだった。
5ヶ月間待たされただけのことはある。
でも、今度行くときは一人で行くのはよそうと思う。
待ってる間がだいぶ気まずい。


明日からまた岡山での日常が始まる。
今夜はよく眠れそうだな。



最近悲しかったこと
公称(というよりは自称か)156センチの父親の身長が
実は153センチだということが発覚したこと。

南国宮崎よりこんにちは

「ハローハロー。
こちらでは時間がとてもゆっくりと流れています、どうぞ。」

同窓会では懐かしい顔がチラホラ。
「三角締め教えてほしいか?」と聞いてまわり、七人に三角締めを伝授することができました。
日本寝技普及協会九州支部の支部長であるボクとしては嬉しいかぎりです。

さすがに夏は食欲が減退気味で体重増加は1キロに留まっています。

15日に出国予定。
もう少しだけバカンスを楽しむとします。

改めて田舎はいいわなと。

ジョイフルの客の半数近くが知り合いだったときはさすがに萎えますが。

王政復古

フランスが共和政を廃止して、君主政治に戻ったようだ。

ジダンがフランス代表に戻ってきた。

あれだけ「代表復帰はない」と言っていたのに
どんな心境の変化があったのだろうか。

ひとつには所属クラブの事情が少し変わってきたことがあるだろう。
レアル・マドリーは今期、ジュリオ・バプティスタ、ロビーニョ、パブロ・ガルシアといった選手を補強した。
前線の層は充実し(すぎ)た。
FWは余剰気味でラウールはトップ下に押し出されることになるだろうし、ジュリオ・バプティスタはディフェンシブハーフもできるらしい。

チャンピオンズリーグとの2冠を狙うルシェンブルゴは
当然、中盤はある程度ローテーション制を敷いてくるだろう。

昨シーズンよりベンチに座る機会の増えるであろうジダンはフランス代表の現状を憂い
今シーズンのコンディションなら代表の力になれると思ったのかもしれない。
おそらくフィーゴが代表に復帰したのも似たような理由であろう。

あとはマケレレの復帰も大きかったのではないだろうか。
守備の免除によって攻撃に専念できる環境。
ジダンにとっては悪くない条件だ。

おそらくドメネク監督との間でこんな会話がなされたに違いない。

~昨シーズンまで~
ドメネク「ジダン、復帰してよー」
ジダン「無理っすよ。試合多いし、出ずっぱりでしんどいっすもん。」
ド「まじかよー」

~今シーズン~
ド「ジダン、復帰してよー。ワールドカップやべーって。オレ、まじテンパってるから」
ジ「まぁ去年よりは楽っすけど、オレもうあんま走れないっすよ」
ド「マケレレも戻ってくるってよ」
ジ「まじっすか!?そんならやろっかなー」


周りでは歓迎する向きも多いようだが、ジダンを崇め奉っているボクとしてはちょっと複雑。
もちろん代表で活躍する彼を見たい。
でも、ここ数シーズンパフォーマンスを落としているのはたしか。
以前では考えられないようなトラップミスやパスミス。
後半になると途端に足が止まるなど、体力も目に見えて落ちてきている。

33歳という年齢を考えれば当たり前のことである。
が、全盛期の眩いばかりの輝きを知っているものとしては少し物悲しくもある。

プラティニがクライフやべッケンバウアーといった欧州の名プレーヤーに比べ、評価が低いのは晩年のプレーが酷かったからと言われている。
ボクはジダンにマテウスのようにはなって欲しくない。
一度目の代表引退は、引き際としては最高だと思ったのだが。

ボクはジダンの酷いパフォーマンスなんて見たくない。
けれど、プレーが衰えたからといってジダンのファンでなくなるようなこともない。
試合中たった一度のスルーパス、エグいトラップ、ルーレットを見るためにテレビをつける。

そうだ、今までと何も変わらないんだ。

今はただ彼の決断を尊重し、見守るとしよう。

なんだかなぁ

まさかうまい棒でここまで話が膨らむとは。


結局スピード違反は
ボクの財布から7万円を奪っていった代わりに
30日間の免許停止を与えてくれた。

ムチとムチ。
交通法規は果てしなくサディスティックだ。


「本を貸して欲しい」と言われたので
さっきまで本棚の中を引っ掻き回していた。
貸すからにはおもしろいものをと思うのが人の常で
内容を思い出そうとページをパラパラと捲っていると
ついつい読み込んでしまい
「あぁ、こんな話だった。
で、次こいつがこいつに殺されるのか」
とひとりニヤニヤする。

気持ちの悪い男です。
そんなボクは未だに無い内定。


お盆に高校の同窓会をやるそうで
こんなボクを見て友は笑うのでしょうか。
いや、むしろ笑いとばしてやって欲しい。
失笑でなく…ね。


補足うまい棒



うまい棒のあのドラえ○ん似のキャラクターの名前がわかりました。
『うまえもん』と言うそうです。(画像の右側)
ちなみに左の女の子は『うまみちゃん』です。

ここまで堂々としていれば、すがすがしささえ感じます。

やおきんのHPで彼らの姿が拝めます。
(どちらにもポケットはついていないようです。)


それから九州出身の方には馴染み深いであろう『ブラックモンブラン』。
前に会話の中でこの名称を出したとき「何それ?」と怪訝な顔をされたんですが、その理由がわかりました。
このアイス、どうやら九州・山口、それから関東の一部でしか売られていないらしい。

カルチャーショック。
ブラックモンブランを知らないかわいそうなみなさん、これは食べときましょう。

駄菓子界の王様

ジャイアンツ愛なんかよりよっぽど強い
うまい棒愛がここにはある。

ただでさえニッチ産業である駄菓子界で
カバヤキ、とんかつソースなどの味で
さらにその隙間に入り込む。
そして
ブラックモンブランでさえ値上げをしたというこの時代
物価の高いここ日本で、ずっと一本10円という
やけくそとしか思えない値段で勝負をかける
やおきんの心意気。

遠足のおやつの予算内のやりくりでは
その価格設定にずいぶんと助けられた。

最近、セブンイレブンで復刻版のうまい棒が出ていて思わず買ってしまった。
中身はというとカニシューマイ、さきいか、梅おにぎり、ピザ、ギョッ!THE味となんとも香ばしいラインナップ。
梅おにぎり味は梅味なんじゃというツッコミは置いといて
さきいか味とかカニシューマイ味なんか
ホントにさきいかとカニシューマイの味がしてビックリ。
やおきん(それとも製造元のリスカか?)のすばらしい技術に、ただただ感銘を受けた。

サラミもナットウ味も捨てがたいけど
個人的にメンタイは譲れない。
あの袋を開けたときの毒々しい色合い。
着色料なんかいっぱい使ってるだろうし
味はむちゃむちゃ濃いから絶対に身体に悪いだろうことはわかってるのに食べてしまう。

ちなみに販売元の株式会社やおきん
従業員40名程度にもかかわらず年商100億円超をたたき出す超優良企業ということです。
『うまい棒同盟』より>

それから
パッケージに載っている
明らかに藤子不二雄臭のするキャラクター。
調べても名前はわからなかったんだけれど
あれは訴えられないのだろうか。
いち消費者ながらそのことが心配でたまらない。

それにしても
やさいサラダ味は、サラダの味なんかではなく
単にドレッシング味ではないのかという
兼ねてからの疑問はいつ解消されるのでしょう。

夏IN

普段から人見知りで大人しいケータイが
いよいようんともすんとも言わなくなった。

パカッと開くと
真っ白な画面がディスプレイいっぱいに広がる。
まさに携帯できる電話機へと成り下がってしまった。

2年7ヶ月の付き合い。
別に愛着なんてわいてないけど、買い換えるのが面倒だからもう少し様子を見るとします。


明日は、オープンカンパニーなるものに参加することになった。
前期にとった講義で、毎回学外(主に民間企業)から講師を呼んできて話をしてもらうという授業があったのだが、その一環である。

定員もあることで4年生はさすがに選ばれないだろうと
タカをくくっていたら、見事に掲示板に張り出されてました。
えぇ。

就職も決まってないのにお前は何やってんだって話ですが
まぁ、2年生たちに混じってはしゃいでくるとします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。