続・オレ色眼鏡

「代行の 運ちゃん運転 荒すぎる」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踏んだり蹴ったり

いやぁ、しょっぱいしょっぱい。

まぁ、選考にはどうにか間に合って
面接、筆記試験、そして作文をやっつけてきたわけです。

筆記試験をサクサクッとこなし、面接も無難に乗り切り
いよいよ作文。

テーマは先に与えられていて
「最近私が思うこと」を好きなように書いてくれと。


これも快調に飛ばし、15分くらい時間を残してペンを置く。

こりゃ受かったなと思い
筆記を軽く見直して机に突っ伏していた。


しばらくすると人事の人が
「残り5分です。名前等記入漏れがないか
もう一度見直しをしてください」
と言ったので、もう一度問題と作文を見返す。


わが目を疑ったね。

あなたは自分の目を2日連続で疑ったことがありますか。


「私の夢は地域に貢献し…
より広いフィールドで…
この仕事を通してたくさんの人と交流を持ち…」

愕然。


誰か教えてください。
なぜボクは「自分の夢」について
延々原稿用紙2枚に渡って書き続けたのでしょう。


いや、落胆している暇はない。
急いで消して書き直していると

「はい、終わりです」


4行ですよ、4行。


人事の人が
凝縮してやってもらえたら、えぇと思うとることを望みます。



そんなボクは今、インターネットカフェで
『ブラックジャックによろしく』を読みながら
自分の将来よりも、日本の医療界を憂いている。


初上陸の大分は風がいやに身にしみる。
スポンサーサイト

まいっちんぐ

我が目を疑ったね。

遠方に見える高速バス、行き先は名古屋。

うん、近づいてみてもやっぱり名古屋行き。

目当ての福岡行きの夜行バスはどこにも見あたらない。

…どうやら時間を間違えてしまったようでございやす。

名古屋行きのバスの運転手に
「倉敷から乗れば間に合うかも」と言われ、駅まで猛ダッシュ。

1時間前に風呂に入ったのに、イヤなイヤな汗が背中を伝う。


倉敷駅に着いてバス乗り場まで走るが
タッチの差で間に合わず。


まずは呼吸を整え
「えっ、オレ全然乗り遅れてなんかないよ」
みたいな顔で座るところを探す。


カップルの座っていないベンチをようやく見つけて
バスの中で飲もうと思っていたビールの蓋を開ける。

すっかりぬるくなってしまったビールを飲み干すと
周りのカップルがみんな不細工に見えてきた。

決して軽くはない足取りで岡山に帰る。

下がりきったテンションを少しでも取り戻すべく
コンビニで高めのアイスを買ってやった。


…はぁ、明日朝一の新幹線か。


就職活動秋の陣
出だしから何とも刺激的。

あぁ、受かる気しかしねぇぜ…。

セレーゾにヒゲって言うな

どうでもいいんですが、神木隆之介くんって
めちゃめちゃいい顔してますね。
(初めに断っておきますが、ボクに変な趣味はありません)

足の指に毛なんて生えないですもん、絶対。

彼は一体天から何物もらえば気が済むんですか。


でも、可愛い子役の子は
大きくなると、漏れなく顔が崩れるのは何故なんでしょう。


実はボクも小さい頃は「可愛い」と言われたクチです。
母親曰く、女の子みたいだったそうですよ。



……誰の顔が崩れとんねん。

不覚にも被弾

どんなにセリフが棒読みでも関係ありません。
それほど昨日の伊藤美咲はガチでした。


クレイマークレイマー』見ました。

周りに聞くと、結構テレビでも放送してたみたいですが
ボクは初めて見ました。

これはなかなかいいですよ。
よくぞこんな退屈なテーマを面白く見せたものです。


映画の中で何度か同じ様なカメラワークや
シチュエーション、場面なんかがあるんですが、
そこに
仕事中心の生活を送っていたダスティン・ホフマンの変化
そして二人の信頼関係が強まっていく様子が垣間見られて
とても微笑ましい。

監督としてはフレンチトーストのシーン
(最初は二人の呼吸が合わず
メチャクチャだったフレンチトーストが
別れの朝にはスムーズに作れるようになっていた)
が泣かし所なんでしょうけど

ボクは息子を小学校に送っていくシーン
(最初は、送っていく途中の息子の話にも適当に相槌を打ち
「仕事に遅れるから」と足早に去っていったホフマンが
後半では、校門の前に着いても話を止めず
終いには息子の方に「学校に遅れるから」と言われてしまう。)
の方がグッときました。

(うまく説明できない自分がもどかしい…)

あと
メリル・ストリープと息子の再会の日のシーンを
ズバッと削っているんですが
これは監督のなかなか勇気ある決断だったと思います。

そして、(詳しくはネタバレになるので言えませんが)
エンディングをハッピーエンドにしなかったのも
個人的には大正解だったんではないかと。

そのおかげでダラダラと長くならずに映画が締まったと思います。

(映画監督にはカットする勇気を持って欲しいものです。
もう「カラー169分」とか見ると途端に萎えます。)



最後に小ネタを1つ。

現PRIDEヘビー級王者であるヒョードル
この男、意外なことに絵がものすごくうまい。
fedor01_3_thumb.jpg

こちらより引用>
氷の拳によって描かれた絵はとても暖かかったと。


まぁ、ダラダラと書いてしまいましたが
正直に言えば取りたてて書くようなネタがないわけです。

何はなくとも

sh0524.jpg

2ヶ月前まではまっさらなスケジュール帳。

まず、確定した予定から空白が埋まっていく。
次に、水曜と土曜の欄に「19時家庭教師」と書き込む。
それからバイトのシフトが入ってくる。

書き終えると、多くはないが
何も書かれていない日もチラホラと見受けられる。

何をしようかと躍る胸。


明くる朝、ケータイの着信音で目が覚める。
サブ液晶にはバイト先の文字。

いやな予感しかしない。

居留守を使おうとする身体を
無理矢理起こして電話に出る。

「明後日空いてる?バイト入れんかな。」

最悪の目覚め。どんな目覚まし時計よりもたちが悪い。

日本人丸出しのボクは、もちろんNOとは言わない。


おかげ様でガッツリ稼がせてもらったわけだし
10月から1ヶ月ほど休みをもらう身。
文句はゆめゆめ言えないわけです。


そんな毎日が続いていた夏休み。
神様か仏様かは知らないが、ボクに3連休をくだすった。

突然、まるっきり何もない3日間をポンと渡されると
結構戸惑ってしまうものだ。


とりあえずビデオを4本借りてみた。
(まぁ、内訳はいいでしょう…)

充実なんてするわけもなく
終日、無生産的で怠惰な日々を送ってしまった。


こんな夜は寺山修司でも読んで
なんちゃって哲学者になって
世界の摂理をわかった気になって
いい気分で寝るのだ。

私はこれを選ぶ


maldinistaさんの記事
を読みまして
(誰も聞いていないでしょうが)ボクも
印象に残っているゴールを3つ発表したいと思います。

ここは空気を読んでまだ出ていないゴールを選ぶとします。

にあたりまして、勝手に選考基準を設定。

・ゴールまでのプロセス
・ゴールの重要度
・鳥肌がたったかどうか

以上より
実際にリアルタイムで見ていた試合の中から
その試合自体の重要性、ゴールの時間帯・ドラマチック度
などを加味して選びました。


…前置きが長くなりましたが。

では。


①1998-99シーズン、チャンピオンズリーグ決勝
 バイエルンVSマンチェスターU
 終了間際の同点、および逆転ゴール

②2004-05シーズン、チャンピオンズリーグ決勝
 リバプールVSミラン
 逆転の口火を切ったジェラードのヘッド

③1998-99シーズン、セリエA開幕戦
 ユベントスVSペルージャ
 中田英寿、デビュー戦でのゴール


まぁ、ボクもベッタベタになってしまいました。

ちなみに次点は韓国戦の山口のループです。


一つ一つ解説したんですが、どうにも長くなってしまいました。

興味のある方はどうぞ↓

【“私はこれを選ぶ”の続きを読む】

そんなんだからお前は内定がないのだ

今か今かと待っているわけですが
今日も背が伸びている様子はありません。

どうやら声変わりではなく、鼻声だったようです。
やはりただの風邪でした。

第2変声期は夢物語。
成長期をもう一度。



今朝バイトに行く途中
郵便局で新聞代…もとい
スーパーの広告および社説講読代の振込みをしていると
中東系と思しき男性がこちらを見ていた。

ヒゲの濃さに関しては近いものはあるけれど
それ以外は日本人丸出しのマイフェイス。
よもや人違いじゃあるまいて。

少し気にはなったけれど、バイトの時間も近いので
そそくさと用を済ます。
領収書を取って、外へ出ようすると

男がこっちに近寄ってくる。

背は175cmくらいで中肉中背。
勝てなくはない。
しかし、アブダビコンバットに出るような猛者だったら。

(胸倉を掴まれたら、腕を取って足を払う。
腕は掴んだまま腕ひしぎへ移行して。
いや、それともそのまま引き込んで…)

頭の中でこれから起こるであろう
格闘シーンを思い浮かべ
気持ち腹筋に力を入れて身構える。


「アノ、スミマセン」
予想外に甲高い声。

「オカネオクリタインデスケド」

話を聞くと口座間の送金の仕方がわからないらしく
教えて欲しいらしい。

腹にこめていた力を抜いて、説明する。

それにしてもこんな簡単なことも英語で説明できないボク。
大学生失格である。
何だよ「プッシュ、プリーズ」って。
恥ずかしいったらありゃしない。

苦労の末ATMは送金する金額の画面へと切り替わり
どうにかこうにか送れそうだ。

「ここに金額を入れてください。」との旨を伝えると
彼は金額を入力し始めた。
見てはいけないと思いつつも視界の端にその様子を捉える。

入力された金額は18万円。
送金先の口座の名義は「アラム」

イスラム過激派、アルカイダへの活動資金供与、ジハード
テロへの加担…。
頭の中にループする不吉な言葉たち。

『24』の見すぎか。

頭を振り振り、悪い想像をかき消す。

「アリガトウゴザイマス」

彼の笑顔を信じよう。
あのお金は仕送りに違いない。

早いもんで、もう1年

熱はひいたし、体のだるさもなくなったのだけれど
如何せん鼻と喉が。


今さらですが
グッド・ウィル・ハンティング』を見ました。

こりゃ久々に当たったね。

ボクは正直に言って映画が好きではない
&集中力の続かない人間なので
映画を見ている間に、大抵一度は眠くなってしまうのだけれど
これは少しも眠くならなかった。


映画にしろ本にしろ
まだ世界観の掴めていない序盤はどうしても退屈なものだ。

けれど、この映画は
マット・デイモンやロビン・ウィリアムスだけじゃなく
脇役までもれなく演技がうまいせいか
違和感なく、割とすんなり物語に入っていけた。


それから
ボクはご丁寧にも結末を全部見せてしまう
(ハリウッド特有の「万事全てが丸く収まり、一件落着」的な)
終わり方が嫌いだ。

その点、この映画は“そしてウィルは歩き出した…”
という含みを持たせた終わり方にしていた。

妄想家のボクとしては
こういった想像力をかきたてられる終わり方は大好きだ。



それにしても、主演のマット・デイモン
脚本まで手掛けているというんだから驚いた。

今まで彼の出演した映画は
『ボーン・アイデンティティー』位しか記憶になかったので
無礼にもボクは彼のことを
「スティーブン・セガールの系譜を継ぐ
アクション映画のみに特化したマッチョ系大根役者」
と思っていた。

ここに謝罪して訂正いたします。


みなさんぜひ見てください。
(ボクが)最近(観た映画)の一押しです。

ヒロインの笑い方が気持ち悪いのはご愛嬌。



実は今日『妖怪大戦争』も見たんですが…

まぁ、ノーコメントということで。

耳を済ませば

風邪をおして数週間ぶりにサッカーをやったら
ボールが足につかないわ、走れないわで
みなに無様な姿を晒してしまった。

気のせいか、後半後輩からのパスが来なくなった。

…やんなきゃよかった。


気を取り直して。

今日は前期の成績の発表日だった。

無事、単位は修得できていまして
これで卒業要件単位は全部揃いましたとさ。

うちの学部はなぜか卒論が必修じゃない
且つ
ボクはゼミにも研究室にも所属していない。

ということで、後期は(というより今日から)
大学に行く用事がなくなってしまった。


「よし、じゃあ後期は遊んで暮らすか!」

なんてことができるほど世の中甘くない。


小生未だに無い内定の身でありんす。

10月からしばらく宮崎に帰ろうと思う。
これはもう秋採用に賭けるっきゃないと。


…と、その前に厄払いでもしとこうか。

雲厚く

選挙に行ってきた。

投票所に着いて、投票用紙をもらう。

こんな薄っぺらい紙に
日本の将来が託されるのかと思うとどうにも心許ない。

昔の人がこの一枚の紙きれを手にするために
必死でがんばってきたんだなぁ。
何もしないでも選挙権を与えられるボクらは
なんて幸せなんだ!

…みたいな感慨は
現代人のボクには当然浮かんでくるはずもなく
昼食は何を食べようかと考えながら、鉛筆を持つ。

普段は筆圧が弱く字の薄いボクだけど、
今日はめいっぱい字を濃く書いてみた。

別に意味はないけど。


空はどんより。
体調はすこぶる悪い。

先占凶々

え~、自ら2500番をゲットしてしまったボクです。


昨晩、現実逃避の旅から帰ってきました。

7日が万博で、8,9日は京都を散策。


清水寺でおみくじを引くと、見慣れた文字が。

“凶”
幸い事なし。待ち人来ず。病気治りがたし…

思い返せば今年は稲荷神社で半凶、浅草寺で凶と
3タテであります。


まぁ、積もる話もありますが
鼻がズルズルな上、喉が破壊されたので
凶は…今日は止めときます。


とりあえず万博に行くときに台風の日は避けましょう。
2日目のジーンズがなかなか芳ばしい香りを放ちます。

余暇の間違った使い方

暇、かつアドリアーノ(台風14号)のせいで外に出れないので
連続更新といきます。


衆議院選も近いということで
各候補者とも選挙活動がお盛んです。

皆さん他人の揚げ足取りに精が出るようで。

「見てもらえばわかるとおり、昨年度の歳出は減っています」
「じゃあ、その内訳と具体的な数字を出してくださいよ」

…いやいや、自分で資料見ろよと。
統計なんかを見た方がよっぽど正確なわけです。

この問いにはどういった意図があるんですかね。

第一、あの忙しい政治家の皆さんですから
詳しい数字なんていちいち覚えていないでしょうし
仮に覚えていたとして
それを答えたところで何になるんでしょう。

数字を間違えたり答えられなかったりしたら
「痛いとこついた」とでも思うんでしょうか。

他の人がどうかはしりませんが
少なくともボクは
「郵政民営化で削減される公務員の数を間違えたから
あの人には投票しない」
とはなりません。

国民が聞きたいのは
今後の政策などに関する突っ込んだ議論であって
そんなことじゃないんです。
人の粗探しをしてる場合ですかと。

せっかくのアピールの場なのに勿体ないと思ってしまうのは
ボクだけでしょうか。


それから
最近テレビをつけると
「激論」と銘打って党首討論をやっています。
でも、ありゃダメですわ。
討論じゃないですもん。
奴さん、基本的に人の話聞いちゃいないですから。
一瞬『しゃべ○場』かと思いましたよ。

6人もいると論点が微妙にズレていって
聞いてて「あれ、結局何話してたっけ?」ってなりますから。

1対1でやる、もしくはチャットでやるしかないですね。



普段書くとき、常体にするか敬体にするかは
そのときの気分次第なんですが
今回はあまりきつくならない様に
意図的に敬体で書いてみました。
無理矢理、全面をですます調にしたので
自分としては少し違和感があります。

一応、ご報告。


まぁ、結局のところ雨にも風にも負けないのは
宮沢賢治でも松井でもなく選挙カーなわけです。

酒と腕ひしぎと男と女

明日万博に行くので、今日の夜岡山を発ちます。
そんなわけで夜行バスに乗っている間の苦痛の時間を
少しでも睡眠に充てようと思い、朝からシコシコと更新です。


台風14号が近づいております。
何でもとんでもなくデカイらしく
わが故郷宮崎は大変なことになっているらしいです。

にしても『台風14号』とはイマイチ趣がない気がします。
(まぁ、台風に趣もクソもないんでしょうが)
ですので勝手にカトリーナみたいな
ニックネーム(?)をつけようと思います。

調べてみたところアメリカにおいては
「最大風速が34ノット以上の熱帯低気圧に呼称を付け
毎年アルファベット順に男女の名前が割り振られる」とのこと。
WeatherMapより引用)

日本でも同じようにアイウエオ順で
名前をつけようと思い考えたのですが
『愛子』とか『明』じゃどうにもかっこがつきません。
やっぱりカタカナの方がしっくりきます。

カトリーナより勢力が強いとなったら
もうアドリアーノしかないでしょう。

「昨日、うちの車庫『アドリアーノ』にぶっ壊されてさぁ」

うん。なかなかいいんじゃないですか。



私、酒は飲むものではなく
飲まれるものだと認識しておりますが何か。



ボンボクラー

オー、ソレミオ。
愛しの『すっぱムーチョ』が帰ってきた。

多くのおばあちゃん子達がそうであるように
ボクもスナック菓子よりせんべい派だ。

かっぱえびせん<ぽたぽた焼き
ピザポテト<まがりせんべい
とんがりコーン<雪の宿

でも、『すっぱムーチョ』はガチ。

コンビニで見つけて思わず買ってみた。
駄菓子とかって今になって食べてみると
意外とおいしくなかったりするものだけど
『すっぱムーチョ』は久々に食べてもおいしかった。


免停も解けたし、今日はなかなかいい日だった。

そういえば
夏休みの間、島根の親戚の家に行っていたらしい
家庭教師先の生徒が
お土産にわさび漬けを買ってきてくれた。

なかなか小6でわさび漬けはチョイスできない。
やるねぇ。


昼ごはんを知り合いの子がバイトをしているとこで
食べたんだけど
BGMが"ゴッドファーザーのテーマ"だったのが
ちょっと面白かった。

日本の政治にイーグルショット

ちょっと前から気になっていた映画『ドッジボール』をついに見た。

想像していたのは少林サッカーみたいな
何の脈絡もない痛快ハチャメチャアクション。
『ドッジ弾平』よろしくの必殺ショットの数々。

ミスったなぁ…。

当然のようにストーリー展開に脈絡はないけど
アクションシーンがしょっぱい。
たぶんCGもワイヤーも大して使ってないんじゃないだろうか。

面白いかといえばそうでもないし。
(爆笑というよりは失笑)

低予算で低品質。
「ボクが選ぶB級映画2005」下半期のトップ3には入ってくるんじゃないでしょうか。

 
最近、ヨン様が
実は日本語ペラペラなんじゃないかと怪しんでいる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。