続・オレ色眼鏡

「代行の 運ちゃん運転 荒すぎる」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この男、無謀につき

車を買いました。

土曜日に納車です。



ということで
真剣にお金がありません。いや、マジで。


10月の三連休は岡山へという話だったんですが
決行すれば、餓死してしまう可能性がある為
完全に無しの方向でお願いします。

来岡はボーナス以降(たぶん年明け)にずれ込むことになりそうです。




みのさんのねちっこいトークにウンザリさせられるか
めざましテレビのふわふわした空気にげんなりさせられるか
NHKが映らないゆえ、毎朝究極の二択に迫られる一週間も明日で終り。


とりあえず
ドラマなんて何もない普段通りの月末を願うばかり。
スポンサーサイト

暗と思案に

月末です。

戦争です。


戦地に赴く男の遺言状、デートバトンです。


【“暗と思案に”の続きを読む】

牛歩

例えば給料日。

記帳してみると、すごくリッチな気がするけれど
所詮泡沫の数字で、VISAの引き落し日に現実を見る。

さすがにやつらは帳尻合わせてくる。



例えば梅干し。

種の中のやつが美味いんだと一生懸命割ろうとするけれど
殻が砕けたと同時に、若干歯も欠ける。

しかもよくよく食べてみて、そんなに美味しくないとくれば
神様も相当ないけずとみた。



依然停滞。されど前進。
軌跡は螺旋を描く。


土日がやってきた。

なぜあなたがカレーとご飯を混ぜて食べるのか。

なぜ君んちのカレーがいつもシャバシャバなのか。

なぜココイチのカレーはあんなに辛いのか。


わからない。



父はカレーを箸で食べる。

フィニッシュをどうしているんだ。
なぜ食べ終えた後の皿がそんなにキレイなんだ。


全然わからない。

四天王とは

1人目のやつはパワー系。
体がデカくて、少し頭が悪い。
2人目のやつと仲がいい。


2人目。スピード系。
体は小さい。1人目のやつの肩に乗ってたりする。
ここまでは基本的に噛ませ犬。


3人目はテクニック系。
ナルシストで美形。顔を傷つけられると逆上する。
苦戦すると変身等で外見が一変し、途端に不細工になる。


4人目。パワー、スピード、テクニック全てを兼ね備えたやつ。
最初に主人公達がここまで来たことを褒める。
大体、ラスボスにとどめを刺される。

潜行のハサウェイ

オレはフランス人に呪われているのか
ってくらい固いフランスパンが好きです。

もう固けりゃ固いほどいい。
噛んでてあごが痛くなるくらいのやつ。




外回りになって初めて気づいた。世界はこんなに広いんだと。


首輪を外され、山に放たれたタロ吉はこんな気持ちだったんだろうか。


あんなに曇ってた空は、気持ち悪いくらい青くって
原付きはハーレーダビッドソンになり、10号線はアウトバーンになり

はしない、もちろん。


それでも何かベクトルが違う方向に向いた気がするな。


スローマインド。
失われた心を取り戻せ。



とりあえず、台風も来ることで本と食糧をたっぷり買い込んでこよう。


果報を寝て待つ。



民よ、健全な心と不健全な生活が戻ってきたぞ。

ミニラ VS キングギドラ

かつて4人の女子行員を辞めさせ、一人を病院送りにしたという
あのお局様とついにぶつかってしまいました。


普段は怒られるようなことがあれば
(自分のミスでなくとも)平謝りのボクですが
さすがに聞き捨てならないことを言われ
それはおかしいと、主張したら
彼女は文字通りキーキー言い出しました。



「もうあんたには何も教えない」そうです。


それ以降、イヤミがクソ丁寧な敬語になりました。



新入社員には言論の自由がないことをすっかり忘れてました。


あぁ~、謝った方がいいのかなぁ。
でも、オレ絶対悪くないしなぁ。

イヤだイヤだ。


今思い返しても腹立つなー。



…さて、明日どうやって謝るか考えながら寝るとしよう。


どこにでもいるもんだね、可愛げのない新入社員は。

ヒースはね、ここからクネクネ逃げるのがうまいんですよ

先週、『スーパーマン リターンズ』を観ました。

ああいう、いかにもアメリカっぽい映画は大嫌いだったのに。
どういう心境の変化でしょうか。


観終わって思った。

今の自分は小学生の頃よりずっとずっと空を飛びたい。


もちろんボクにスーパーな力はないので、今日も自転車で家に帰った。




そろそろ車が欲しいんだけど、買ったら本気で破産しそう。


残念だけど、スーパーな貯金もないみたい。



ということで
キモメンはジャンプ読みながら、スーパーなドライを飲んで寝ます。

おやすみ。

財布と相談、返事がないただの屍のようだ

ある新入社員に仕事以外の刺激を与えてやらなければ
その新入社員の外界からの刺激を知覚する心はずっと動かないままです。

これを感性の法則といいます。



ボクの住んでいる地域には土地柄なのか
特に田舎ヤンキーが多い気がします。

それでも彼らの悪の心もジャイアンのそれと比べたらかわいいもんです。

真の悪とはジャイアンのことを言うのです。


本屋さんでちょっと『ドラえもん』を立ち読みしたんですが
それ以来ジャイアンの名を聞くと震えが止まりません。

思わずスケジュール帳に書き留めてしまった彼の悪意に満ち満ちた発言を
いくつか紹介したいと思います。



「殴りぐあいをためさせろ」
(1巻、『一生に一度は百点を・・』 )

 状況:新しくバットを買ってもらった際の、のび太への一言

  どう考えてもバットの使い方がおかしい。


「見のがしてくれたら、あとで1万円やるぜ」
(2巻、『タイムふろしき』)

 状況:自分のお母さんに向けて

  自分の親を買収。



「つぶして、やるぞ」
(4巻、『メロディーガス』)

 状況:のび太が逃げ出したときに放った一言

  溜めて言ってるのが怖い。



「エラーなんかしたやつは、ころしてやるから。」
(12巻、『ドンブラ粉』 )
 
 状況:野球の試合中にチームメイトへ

  ペナルティーが重すぎる件。



「のび太ボーリング」
(27巻 、『のび太は世界にただ一匹』)

 状況:ジャイアン発案のゲーム。ルールは不明

  発想が怖すぎる件。



これが小学生の発言ですか。
悪の権化です。純度100%です。

うん。そう思うと、プチヤンキーがかわいく見えてきた。



…ウソです。


会話と車のオーディオのボリュームをもうちょい下げてくれるだけで
彼らのことを受け入れることができるのに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。