続・オレ色眼鏡

「代行の 運ちゃん運転 荒すぎる」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピンオフ

いつも通る道でずっと気になってること。


その道は交通量が多くて
交差点で道路が、直進と左折専用の車線に分かれる。

(3車線あって一番左が左折専用のレーン)



そのことは、交差点に入る少し手前から矢印で示してあるのだけれど

行政側の配慮か、さらにわかりやすいように
緑と赤(茶色?)の2色で道路が色分けされている。

緑が直進の2車線で、赤が左折専用の車線。


緑の道には白抜きされた文字でこう書いてある。

『国道10号線へ』


赤の道には同じく白抜きの文字でこう書いてある。

『緑ヶ丘へ』



色、逆!!!
スポンサーサイト

ロースペックにて

男はスーツを着ると2割増だと聞いた。

ボクは仕事柄ほぼ毎日スーツだ。


普段メガネをかけない人がメガネをかけると3割増だと聞いた。

ボクはコンタクトとメガネを併用しており、たまにメガネをかける。


今日もスーツにメガネで一日を過ごしたんだけれど

凪。

波がきている感じは一切ない。



通常時の1.56倍でこの体たらく。
ワンコにもそっぽを向かれる始末。

これは、一体全体どういうことだね。
070609-050233.jpg

波よ来い、一発でいいから来い。

甘いチョコと甘くない現実

「男は25歳まで背が伸びる」

わが家の背の低さが一家団欒の話題に上る度に
遺伝を全否定し、父親と母親が持ち出すこのことば。


それをなぜか今になって思い出す。
そんなわけないかと、少しだけ顔に浮かんだ笑みをひっこめる。

革靴を脱ぎ、24.5センチの足をステップの足のマークに合わせる。

気持ちはとても穏やかだ。
顎を引いて瞳を閉じ、澄んだ心で頭に硬質の感触を感じる。


「はい、結構です」


年嵩の女性の口から出た数字
それを音声から、ことばとして認識したその刹那
またしてもボクの眼圧は上がった。


"身長が…の、伸びてる…!!"


頭の中には祝福の輪の中で胴上げをされ
花吹雪の舞うステージで、歓喜に咽び泣く自分がいる。



そんな至福のときも、ものの数秒だった。


健康診断票に書き込まれた数字を改めて見て
頭に過ぎった考えがそのまま口をついて出た。

「あれ、ひょっとしてこれ5センチ間違ってません?」

「…あっ、ホントですね。すいません」



2度目の身長測定の惨めなこと。


こうしてボクはまた一つ強くなった。


今年の義理チョコはほんのりビターだ。



でも、大丈夫。まだ1年ある。

お腹いっぱい不安いっぱい、そんなボクはいっぱいいっぱい

3連休のおさらい


<土曜>
熊本に行ってきました。

ネクタイを買おうと、某日本系英国ブランドのショップに立ち寄ると
ナロータイみたいな体型をした店員さんが
やたらにナロータイを勧めてきまして。

ないだろー、と思いつつも言われるままに鏡で合わせてみると
案の定、ないわけで
断る理由を探しながらさり気なく値札に目を遣る。

軽く眼圧が上がりました。

「冒険しちゃったらどうですか」
なんて店員さんは言ってくるけど
ハラハラドキドキするのは仕事だけで十分なので
別の店でノーマルタイプの無難な2本を選ぶことに。


えぇ。所詮、ボクは小市民です。


<日曜>
地域の祭りに参加してきました。
大学生の女の子と一緒に作業をしたんだけど、若い若い。
何だか擦れてなくていいですなー。

おじさん、年甲斐もなくテンション上がっちゃったよ。

そして、後で気づいたんですが
どうやらその日の夕方のローカルニュースにボクが出てたようです。


反響が母親からしかないあたり、自分の底が見える気がします。


<月曜>
『ザスパ草津 VS ベガルタ仙台』を観にいきました。

2対0でザスパの勝ち。

ザスパの18番と30番はいい選手だなぁと思いました。
…うん、そんだけです。練習試合丸出しの90分でした。

試合が終わり
来週末、ゴルフコンペがあるので練習でも行こうかと思い移動開始。
途中ゲーセンに立ち寄ったんですが、気づいたら3時間経ってました。

んで、そのまま打ちっぱなしには行かず
セブンのおにぎりが100円セールだったので買って帰りました。
結局それが今日の夕ご飯。

5個買って、朝ご飯用に2個は残してたんですが
今セブンのビニール袋を見ると1個もありません。

あら不思議。イリュージョン。



↓は買ったネクタイです。
20080212003839.jpg

新社会人の皆さん、ネクタイは消耗品ですぞ。

メガフライデー

来ました来ました。

段ボール入り肉まん、農薬入り餃子の次は、曰く付き案件(日本製)。


おかげさまでどうにもすっきりしないまま、3連休に突入しました。


慰安旅行の計画・ゴルフコンペの幹事等々
頭を悩ませることは沢山ありますが、困ったときのリセットボタン。
全て忘れて、連休はアントラーズのキャンプでも見に行くとします。

ということで
先刻アントラーズのホームページで選手を見てみたんですけど
何て地味なメンバ
まぁ、次世代のブルース達をこの一重の眼に焼き付けてきます。



あっ、そうそう。
昨日絵に描いたような場末のスナックで、シーラカンスみたいなママに
「大沢たかおに似てるね」と言われた。

ちょっとうれしい。

osawa_ph01.jpg
(www.walkerplus.com/movie/tenshi/より)

うーん。でも、似てるかなぁ…。

老い

今週末も誰にも会いたくないモードだったので
土曜日にTSUTAYAでDVDを借りて、元気に引きこもっていた。

でも、DVDも土曜のうちに見終わってしまい
今日、返すついでに1階の文庫コーナーに寄ってみた。

何か目ぼしい本はないかと探していると
東野圭吾の『宿命』が目に付いたので買って帰った。

家に帰って早速読んでみる。

たしかに相変わらず面白いし、さすがといった感じなんだけど
なんかストーリーももどっかで聞いたような話だし、どうにも新鮮味がない。

何でだろうと思い、読み続けていくとようやくわかった。


「うわっ、これ前に読んだことあるわ」


それに気づいたときのページ数、96ページ。



ボクという存在がゆるやかな下降線を描いている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。