続・オレ色眼鏡

「代行の 運ちゃん運転 荒すぎる」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日と豚汁

永遠の二十歳と言われて早5年。
ベビーフェイスで有名な『宮崎の妖精』ことさっけーもとうとう26歳になってしまいました。


この1年でボクの環境は180度とは言わないまでも135度くらいは変わりました。


つい先日実家に帰ったとき、母親に3ヶ月前とは顔つきが違うと言われました。

それが良いことなのか悪いことなのかはさておき
自分でも変わったという自覚はあります。



後厄も抜けて仕事もようやく落ち着いたので
まぁ、健康でボチボチやっていけたらなぁと思います。


ふと
一年前の誕生日は一体何をしていただろうかと思い返してみますが、よくは思い出せません。

きっと月末でいつものように仕事に追われていたんでしょうが
少なくとも筋トレはしてなかったと思います。



ドルチェのケーキとか。COENのポロシャツとか。低反発の座椅子とか。


一昨日の楽しさがウソのように
26歳2日目の夜は
薄汚れた二段ベッドの下で宮崎の生温い風に吹かれてふけてゆきます。


ほんの少し甘い余韻を残したまま。軽い筋肉痛を伴って。
スポンサーサイト

ヨッシーのテカリ、ヨッシーの貪欲さ

「たしか年上やったやんな~」


とりあえず今年の流行語大賞はこれで決まりかな、と。


どうも。
鼻は利くんですがアドリブがきかない、得点圏打率の低い男、さっけーです。


昨日はとある友人(新郎)の結婚式。


毎度毎度のことだけどサッカーを観てたらサッカーをしたくなるのと一緒で
結婚式に行ったらいつだって結婚したくなる。


式の前後で彼はボクには見せたこともないような優しい笑顔で奥さんに笑いかけていた。
そして、あのシャイな彼がノリノリでハートマークとか猫のポーズをしていた。

気持ち悪いなぁと思うと同時に
あぁ、なんかいいなぁと思ってしまう。


いい人をつかまえたな。



素敵な結婚式だったけど、彼は2つのミスを犯した。

ボクらの席を新郎新婦の側に置いてしまったことと
テーブルスピーチの時間を設けてしまったことだ。


おかげで式中に相当数の野次が飛び交い、彼の友人が一人大火傷をした。


結婚はできれば人生で一度だけでありたいものだけど
あの惨状を見るにつけ、スピーチも人生で一度経験できれば十分だと思った。




結婚式のついでに岡山にも寄ってきた。


岡山を離れて三年とちょっと。
街並みはまた変わっていた。
でも、やっぱりみんなは変わってなかった。


彼らなり彼女らと話をしていると
タイムスリップでもしたかのように空気は不思議にあのときままだ。


きっとチェホンマンの30倍くらいのサービス精神旺盛な巨人がいて
ボクたちが酒に酔ってる間に特大のカッターナイフでその空間だけを切り取って
4年前だか5年前だかの頃の風景にすっぽりはめ込んでくれて
ちょうど帰る段になったらまた戻してくれてるんだ。


その巨人は律儀にもボクが岡山とか結婚式に行く度に来てくれる。

いつか会ってお礼を言いたいと思ってるんだけど、なかなか姿を見せてくれないシャイなヤツ。



また明日から学校。

もうなんか色んな意味で土曜日くらいに戻りたい。



いや、もう贅沢言わないからテーブルスピーチだけやり直させて欲しい。

白の衝撃、再び

チャーミーキティって知ってますか?


ボクは知らなかったんですけど、キティちゃんが飼ってるネコなんだそうです。

ちなみに、シュガーっていうハムスターもいるそうです。


つまり、ネコ(?)がネコとハムスターを飼ってるんだそうです。



何か、怖っ!!!

白の衝撃

木曜日の夜に珍しく38度を超えるくらいの高い熱が出てしまい
翌朝にはだいぶ楽になったんですけど、なかなか熱が下がらず
教官の指示もあり、金曜日は学校を早退して病院に行くことにしました。


宮崎市に越してきて間もないので、当然かかりつけの医者なんてなく
家の近くの診療所に飛び込みました。


患者さんはボクの他には5,6人程度。
決して大きくはないものの建物は小奇麗で、内部は非常に明るく
受付の対応もスムーズで、看護師さんも親切。
念のためにということで、豚インフルエンザのチェックもされました。


基準はわからないけれど、こういうのをいい病院って言うんだろうな
なんて一人待合室でぼんやりと考えていました。


程なくして奥から名前を呼ばれました。


診察室に通され、たっぷりした間の後に奥から出てきたのは
今にもぶっ倒れそうなヨボヨボのおじいちゃん先生でした。


聴診器を扱う手つきは実に不確かで
喉を見るときに使うカップアイスのスプーンみたいなやつ(金属製)を床に落としてました。



高まる不安。


聴診器を体に当てて、喉の腫れを確認するという一連の動作を
先生はたっぷりした間を取って行いました。


そして、出し抜けに言うのです。

「体調は大丈夫ですか」


"いやいや、お前だろ!"

喉まで出かかったことばを無理矢理押し込んだボクは
今の体調について説明し、引き続き問診に応じました。



それから、先生は本来の調子を取り戻しました。


「疲れからくる発熱でしょうな。
しっかり水分を取って今日はゆっくり寝ててください。
解熱剤と抗生剤を出しておきますから」



いやはや、我ながら恥ずかしいかぎりである。
腐っても医者。何を心配しているんだ。


「だいぶ疲労が溜まっているようなので注射を打っときますね。
まぁ、気休めみたいなものですけど」


そう言って先生は、その場に居合わせた看護師さんに
「□○△の注射を打つように」と指示をし
お大事にと言い残し、再び奥に引っこんでいかれました。


ボクには帰っていく先生の後ろに後光が差しているのが見えました。


看護師さんに腕を消毒してもらい、注射を打つ段になって
奥から先生の声が聞こえました。


「ごめんごめん。注射、○△×の方だったわ」





何か、怖っ!!

ハラペーニョ・ハラペーコ

●髪の毛

驚く勿れ。最近リアルに増えたような。
やはりストレスから解放された影響からなのか。
35歳まではがんばるぞ。まだまだこれから。


●汚い話

常に便秘がちなボクですが、学校に入って以来お通じが非常にいい。
そしてキレもいい。


●サッカー

課業終了後にみんなでやるのが、もう楽しくてしょうがない。
平日の楽しみはこれと夕飯だけ。
たぶん、今ブラジル人の次くらいにサッカーが好きだと思う。


●飲み会

何年ぶりだろう。飲み会が楽しくなったのは。
そして、いつぶりだろう。記憶が飛んだのは。


●体重

一旦落ちたんだけど、この頃また戻ってきた。
筋肉がついただけだよね。うん、きっとそうだ。


●二の腕と肩幅

進化を続けている。最近Tシャツがきつくなってきた。


●ノリ

着実に体育会系になってきている。
もちろん、確実にうっとうしくなってきている。


●マイブーム

何故かここにきて『ビートクルセイダーズ』。
ただ、『TERIYAKI BOYZ』も捨てがたい。
基本的に音楽に関して、ボクは節操がない。


●『三国無双5』

同居のリアルニートくんがやってるのを見てついつい手を出してしまい、ハマってしまう。
このところ同期の名前が武将に見えてしょうがない。


●川尻

たとえ判定とはいえ、あのカルバンを完封したことはもっと評価されていいと思う。
強くなったなぁ。魔裟斗戦が待ち遠しい。


●肉食系男子

草食系男子がもてはやされる昨今、沢山の肉食系男子達に囲まれて過ごしている。
自分の中にある野生的な面がぐんぐん増幅されている気がする。
だって、週末はいつだってジャンクフードが食べたい。


●友達の結婚

来週は神戸まで遠征します。
ついでに久しぶりに岡山に寄ってみようかと。
会いたい人や行きたい所はいっぱいあるけど、1日じゃ足りないなぁ。

それから、OBとはいえさすがにサークルの練習に参加するのはルール違反ですかね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。