続・オレ色眼鏡

「代行の 運ちゃん運転 荒すぎる」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アディオス、小太郎

気づいたら朝が来ていた。


あまり覚えていないけど、何だか悲しくてイヤな夢をたくさん見た気がする。



"人生に起こる出来事は偶然か必然か"


そう回転の速くない頭で必死にとは言わないけれど、なんちゃって哲学者のつもりで考えてみる。

が。
案の定、そんな大それたことがボクにはわかるはずもなく、すぐに考えるのを止めた。



ただ、少なくともボクの身の回りで起こるあらゆることには意味があると思う。



上司が大会に出場しないボクに、雨の中ロープを繰り返し渡らせることにも意味があるし
ごぼう天うどんを頼んだはずなのに、野菜天うどんが出てきたことにも
メニュー表にお通し代の300円がやけに小さい字で書いてあることにも
隣の家の犬が10時位になると決まって狂ったように吠え出すことにも意味がある。
彼が怒ることにも、彼女が泣くことにも、ボクが考えることにも、きっときっと意味がある。



そんなとりとめのないことをぼんやり考えていると、静かな部屋で自分のお腹の音がグーと鳴った。
こんなときでもお腹はしっかり空くんだなぁと思うと、何だか可笑しくなって少し笑ってしまった。



家から持って帰ってきたラナンキュラスを、花瓶なんてシャレたものはないのでコップに活けてみた。

今日は4月にしては少し肌寒い。
それでも、寒さに強いこの花は凛として咲いている。



さて、ご飯を食べに行こう。
今夜は職場の歓迎会なのだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。