続・オレ色眼鏡

「代行の 運ちゃん運転 荒すぎる」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デビュー戦

面倒はいつだって突然やって来る。


きっかけは飲み会の席でのとある先輩の一言だった。

「よし、さっけー。ゴルフかサーフィンか釣りか、どれか一つ選べ」

初期投資と、面倒臭さと、かかる手間と。
いろんなことを考慮して、あわよくば返事を有耶無耶にしようと考えを巡らせたが、時間はそれを許さなかった。
先輩の若干焦点のずれた真っ直ぐな視線に耐えられなくなったボクは、咄嗟に「釣りで」と返した。


が、答えてしまったが運のツキ。


多少呂律の怪しい先輩がすぐにこう返した。

「じゃあ、明日早速行こうか」

たしかにそう言ったんだ。


聞き間違いであること、そうでなければ先輩の記憶が南アフリカくらいまで飛んでることを
切に切に祈りながら、その日ボクは家路に着いた。



次の日の朝、ボクはケータイの着信音で目が覚めた。
画面には昨日登録したばかりの先輩の名前が表示されている。

「おはよう。9時半にさっけーの家の近くのコンビニで待ってるわ」


聞き様によってはストーカー的な何かとも聞き取れるこのことばに、ボクは戦慄した。

ボクの貴重な休みが…。
今日は古本屋を巡って、DVDを借りて、食糧を買い込んで
昼間からビールを飲みながら素敵に引きこもるという、有意義な休日を過ごそうと思ってたのに。

もう煮るなり焼くなり好きにしてくれ。
半ばヤケ気味にボクはセブンイレブンへ向かった。もちろん、けっしていい気分ではない。


いやに饒舌な先輩の車に乗って、到着したは青島港。


7時間という時間を費やした釣果がこれ↓
securedownload15.jpg  securedownload12.jpg
何でもベラというそうで釣り人の間では邪道と言われているけれど、しっかり調理すれば意外とおいしいらしい。
半日の間煮て焼かれて好きにされたボクは、帰ってそれを調理する元気もなく先輩にあげることにした。

この他にちっちゃいフグが何匹か釣れたけれど、餌取りと呼ばれる(二重の意味で)食えない彼らは海にリリース。

ちなみに先輩はカサゴを3匹ほど釣っていた。

思っていたほど釣れなかったのか来るときよりも多少無口になった先輩に家まで送ってもらい
ボクの長い長い一日が終わった。



そして、何度洗濯しても取れなかったタオルの魚臭さがようやく消えた今日。ボクは無性に釣りに行きたい。

果たしてボクは釣りにはまってしまったのだろうか。

とりあえずそれを確かめるべく、近いうちに2戦目に参加予定でござい。



最後に、ちょっと面白かったので。このシュールさがたまらない。
スポンサーサイト

再考

日月火の3連休。

麦酒党インドア派のボクだけど、たまにはアクティブに休みを過ごそうと
以前から考えていたゴルフ、サーフィン、釣りの中から
ゴルフはセンスがない、サーフィンはやったことないということで、釣りをやってみることにした。

といっても、釣りも小さい頃に父親に何度か連れて行ってもらったくらいでやり方も何も殆ど覚えていない。


ということで、家の近くの本屋でへ"初心者の釣り"的な入門書を買いに行くことにした。


ホビーコーナーで釣り雑誌をパラパラと捲る。
知らなかったんだけど、単に釣りと言っても磯釣りやら船釣りやら投釣りやら渓流釣りやら沢山種類があるらしい。
それに必要な道具も違ってきたりするらしく、ああでもないこうでもないと色んな本を手に取っていると
まずどれを始めるかで迷ってしまった。

とりあえず頭をリセットしようと、違う雑誌を捲ってみた。


気づいたら、スポーツコーナーで『NUMBER』を読んでいた。


あと5分だけ。

そう思い読み進めていると、気づいたら小説コーナーに来ていた。



そして、ボクは小説を4冊持ってレジに並んだ。


また次の機会に。
会計を済ませ、遠くに見えるホビーコーナーに軽くウィンクをして店を出た。



家に帰って、読書開始。


久しぶりに読んだ東野さんは残念ながらハズレ。


ちょっと休憩とコーヒーを飲みながらストレッチをしていると、ふと本棚の『白夜行』が目に入ってしまった。


5時間後、読破。
うん。やっぱり東野さんはスゴい。


既に日が変わっていた。



ちょっと休憩とYouTubeを覗いていたら、ふとドラマ版『白夜行』を見つけてしまった。



全話見終えた頃には2日目の昼過ぎ。
3連休の半分は終わっていた。

なんか、リアルタイムで見ていた大学の卒業間際の時期を思い出す。
テレビドラマもなかなか捨てたもんじゃない。



それから泥のように眠ったら3日目になってた。


こうして、ボクの3連休は当初の予定から大きく乖離して限りなくノンアクティブに過ぎていった。



以下、ドラマ版『白夜行』の感想。(ネタバレあり)
かなりコアな内容に仕上がってますので興味のある人だけ。




【“再考”の続きを読む】

Lord of the Flies

異動して困ったことが1つ。


夕食である。


以前の職場は夜は出前だったのだけれど、今の職場は毎日夕飯を作る。

夕飯の係は当番制で何日かに1回必ず回ってくる。


このメニューを考えるのに結構悩む。

何でもいいじゃないかと思うかもしれないが、そう簡単なものでもないのだ。

今の職場の先輩方は(なぜか、そして無駄に)一人残らず料理が上手い。
しかも、酢豚とかホイコーローとかチキン南蛮とか作っちゃうもんだから困る。

夕飯は己の料理への技術、センス、想像力を皆に試される場となっているのだ。
その日の食事当番の持てる力の全てを結集した作品を吟味せんと、19時過ぎの食堂は異様な熱気と興奮に包まれる。

当然期待値は高く、しょうもないものでも作ろうもんなら
夕飯の時間には無駄にテンションの高いバラエティのテレビと箸とスプーンの音だけが空しく響くことになる。



明日はボクが食事当番の日。

一昨日がカレーという絶望的な状況。
狭められた選択肢の中で、様々な年齢層・個人の好き嫌いという種々の要素を鑑みた上でメニューを決定せねばならない。


ああでもないこうでもないと言いながら、とりあえずスーパーに向かった。

気づいたら小1時間悩んでいた。


オレは主婦か、と。





今更なんですけど、『人の怒らせ方講座』がクソ面白かったので上げときます。
検索したらもっとたくさん出てくるんで暇な人は見てみてください。





最後に。
W杯南アフリカ大会の登録メンバーが発表された。

選手選考について
矢野はどうなんだとか、なぜ小野が入ってないんだとか、人それぞれ思うことがあるんだろうけど
個人的には『蝿がたかるようにチャレンジしていく』ということばに爆笑してしまった。



…蝿て。

新井のポテンシャル

深めた親睦に温めた旧交、痛めた肝臓に下したお腹。


酒浸りの5連休が終わりました。



持つべきものは友。そして、傍らには酒があればそれだけで十分。

果てなし あてなし 笑い話

ヨホホホ ヨホホホ




ただ、年も年なので今後は記憶が飛ぶような飲み方だけはしないようにしようと思いました。

でも、みんな元気そうでよかった。




転職して1年と1ヶ月。

ヒゲを剃るのが二日に1回でよくなりました。
よって、剃刀負け(どうでもいいけど漢字で書くとかっこいいな)をしなくなりました。



何かいろいろ書こうと思ったんですが
見てのとおり、二日酔いの頭を捻ってみてもさっぱり何も出てきやしません。


次回作にご期待ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。