続・オレ色眼鏡

「代行の 運ちゃん運転 荒すぎる」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファッキンミッドナイトショウ

今日は休肝日。

普段はグビッといくビールを今夜はググッと堪えて、ボクは夕食後ズズッとお茶を飲みながら読書に勤しんでいた。


夜中も1時を回った頃、雫井脩介の『犯人に告ぐ』を読み終え、その読書も一段落した。

お風呂でも入って寝ようかとベランダの窓を開け外の空気を吸いながら伸びをする。
外をやおら見遣ると、つい先刻までシトシトと降っていた雨は上がったようだ。

そういえば昨日今日と運動らしい運動も殆どしていない。
ちょうどいい。ちょっと汗でもかいてくるかと、軽くジョギングをすることにした。


時間にして30分といったところだったろうか。
家まであと5,600メートルという場所を走っていると、ふと前方から白い車が近づいてきた。
いや、最初はたしかにライトの明かりしか見えなかったのだけれど
街灯に照らされたその車両はすぐに見慣れた白いボディだとわかったのだ。

見つかったら面倒なことになると一瞬電柱の影に隠れようとしたが、どうやら向こうはこっちに気づいているらしい。
ゆっくりとしたスピードで近づいてきた車は、ボクの斜向かいの3メートルほどの位置に停車した。


パワーウィンドウが下がり、車内から聞き慣れた上司の声がした。


「あれ、さっけーだよな」

「…あっ、はい。お疲れ様です」

「お前、こんなとこで何してんだ」

「…いやぁ、ちょっとジョギングを」

「こんな時間にか」

「…はぁ、まぁ」

「…ふーん。まぁいいや、気をつけて帰れよ」


そう言うと半分ほど下ろされていたパワーウィンドウが上がり、白い車はボクの前から去っていった。



ちょっとめんどくさいことになったな、と思いながら残りの道を走り家に帰り着いた。
部屋で軽く柔軟をしていると、ベッドに置いていたケータイが鳴りだした。

画面を見ると、さっきの上司からだった。


「はい、もしもし」

上司は前置きもそこそこに、こう言い放った。
「お前大丈夫か。何か悩みでもあるんじゃないのか」


たしかに遅い時間ではあった。不審な行動だと言われても仕方がない。
さらには、一瞬隠れようとしたのがやましいことでもあるという風にとられたのかもしれない。

弁解しようと思えば頭の中にいくらでもことばはあった。
しかし、こういう状況での多弁は得てして誤解を招く
つまりは、言い訳すればするほどウソっぽくなるのをボクはこれまでの27年の経験でイヤというほど知っていた。

だから、ボクははっきりとした口調でこう言い放ったのだ。

「仕事もやりがいがありますし先輩方もいいひとたちばかりです。悩みもないし大丈夫です。信じてください!」


「…じゃあ最近の女性関係はどうだ、あと金銭関係とか?
何であの時間にあんなところを走ってたんだ。何か理由があるはずだ。正直に話しなさい」


そのあとボクは約15分間、頭の中にある弁解のことばをありったけ並べ続けた。



ボクは上司から全く信用されていないということをこの15分間でイヤというほど思い知ったのだ。
スポンサーサイト

調子に乗るのが玉に瑕、犬に咬まれて鼻に傷

ワンちゃんに咬まれた傷が消えません。
ハリーポッターの額の痣みたいなのがくっきりと鼻に残ってます。


大学時代に何件か家庭教師のアルバイトをしていたんだけれど
その中で未だに連絡を取っていて、ボクが社会人になってから毎年お中元を送ってくるところがある。

つい先日もボクの実家に例年と同じように岡山のぶどうが届いた。


その日の夜、お礼の電話を入れる。
だいぶ忘れつつある岡山弁を駆使しいつものように近況を報告し合った。


母親も息子もボクのことを未だに「先生、先生」と呼ぶ。
聞くと母親は仕事を辞め、息子の身長はボクをとうに追い越し今では180センチを越えたらしい。(うらやましい限り)

息子曰く
電話越しのボクは大学時代と何も変わらないけれど、電話する度に宮崎訛りがきつくなっているらしい。



変わるものもある。変わらぬものもある。

ピオーネを1つ頬張る。



「いつでも遊びに来てください」

ボクは冗談を真に受けるタイプだ。
近いうちに連休でもとって久々に岡山に遠征するとしよう。



「たまには顔見せてくださいよ。あんまり変わってなさそうですね」

「だいぶ貫禄も出てきたし、人相も悪くなってるよ」

「冗談でしょ」

「いやいや、クローズの敵キャラみたいになってるよ」


彼は冗談を真に受けないタイプだったと思うが
その会話の後に続くことばはなく、電話越しに渇いた笑いだけが響いたのだ。

枯れてゆく

ケータイを変えて2ヶ月。

一度もカメラ機能を使っていないことに気づいた。



どうも、人生も頭髪も曲がり角の肝臓クラッシャーさっけーです。



近頃、全くと言っていいほど物欲がありませぬ。


基本的に食にはあまりこだわらない性質だし、一人では外出もしない。
おまけにアナログでアナクロでイログロでエログロなボクは、家電品やデジタルなものにも疎い。


趣味といっても、釣りなんて餌代くらいしかかからないし
休みの日もDVDと本だけあればそれで事足りる。


とりあえず大学時代から使っている実に奥行きのあるテレビは買い換えようかな。(テレビ見ないけど)

そして、今後は夜の街での出費をやや抑えて旅行に行こう。
海外なんていいかもな。



○最近気づいたこと

・青島の人はすごく商魂逞しい
・体力面以外から見たボクという人間の劣化が甚だしい
・トップバリューのものっすごい安いビールが妙においしい
・この頃妹からの連絡でさえうれしい
・フットサル中、ボクは一切足の裏を使っていない
・東京事変の2期のすごさ
・グレート義太夫のポテンシャル

picture.jpg

一昨日、職場の先輩に婚活イベントに誘われたけど、精一杯の強がりで断った。
思わず表情に出てしまったほんの少しの後悔は、先輩に見破られなかっただろうか。

27歳、まだまだこれから。明日もがんばるぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。