続・オレ色眼鏡

「代行の 運ちゃん運転 荒すぎる」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下関ウェディングラプソディー

滞りなく進んだ披露宴もいよいよクライマックス。

読み上げられる新婦の手紙。


涙声の妹を見つめ、うっすらと目に涙を浮かべる母親。

ふと横を見遣ると、号泣する父親。


ええいああボクももらい泣き。

そして、目から汗が止まらない兄。


涙腺崩壊の新婦側。



いつも憎まれ口しか叩かないけれど、今回は素直に言うよ。


新婦側の親族が新郎側に比べて明らかに背が低かったことも
親戚のおじさんが泥酔していろんな人に絡んでいたことも

そんな小さなことが気にならないくらい最高の結婚式だった。


おめでとう。末永くお幸せに。



ボクもすぐにと言いたいところだけれど、これがなかなか。


20110226155646a.jpg


我輩は独身である。予定はまだない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。