FC2ブログ

続・オレ色眼鏡

「代行の 運ちゃん運転 荒すぎる」

藍色の週末

そういえば、9月くらいからエアコンをただの一度も点けておらず
コタツだけでこの冬を乗り切りました。
我が身体の耐熱構造はバッチリです。



考えたら2週間後には岡山にはいないわけで
引越しに向けて、少しずつ片づけを始めることにしました。

本棚を整理していると
借りたままの文庫本およびハードカバーを10冊以上見つけ
うち半数以上読んでいないことがわかりました。

借りパクという選択肢も視野に入れつつ
とりあえずは1冊ずつ地道に消化していくことにしました。


今日は森博嗣をやっつけました。


『すべてがFになる』
森博嗣
講談社文庫

「孤島のハイテク研究所で、
少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季
彼女の部屋からウェディングドレスをまとい
両手両足を切断された死体が現れた。
偶然島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が
この不可思議な密室殺人に挑む。」


もうなんかいかにもな名前にこそ、センスは感じられないものの
森さんだけはガチ。


11歳で博士号を取得した一人の天才少女
偶然その場に居合わせた二人の前で起こった孤島の惨劇。

と、まぁ設定はありがち。

本書は、「理系ミステリー」なんて呼ばれてるらしいです。
たしかに専門的な用語も多く、正直何のこっちゃわからんとこもあったけど
物語のキーとなる部分は予備知識がなくても読めるから
文系人間のボクでも十分に楽しめた。
(ちなみに、巻末に解説を寄せている瀬名秀明氏の
『パラサイト・イブ』は受け付けませんでしたが)

とかく動機や犯人探しに走りがちな一般のミステリーと違い
与えられた条件を客観的に見て、常識を疑ってかかり一から検証し直す

この人のすごさは
ミステリーに"数学的な知識"を持ち込んだということではなく
上記のような"数学的な考え方"を持ち込んだことだと思うのです。

その上で物語に破綻したところはないし、会話や背景描写も巧い。
(まぁそういう基本的な部分があるからこそ、理系的な面が活きるんでしょうが)

冒頭部分は西之園萌絵と真賀田四季の面会シーンから始まるが、しょっぱなから
“「165に3367をかけるといくつかしら?」”

んでその答えが

“「55万…、5555です。」「どうしてそんな計算を?」
「貴女を試したのよ。でも、7の掛け算が不得意のようね。
今、最後の桁だけ時間がかかったわ」”

ですよ。

テンション上がらないわけあるかと。

はぁ~、なぜにボクは天才ということばに惹かれるのでしょう。



そういえば、森さんは本作で第1回メフィスト賞を受賞したらしいです。


…それにしてもすごい名前の賞だ。
スポンサーサイト

コメント

「7だけが孤独な数字なのよ」
「大体自然を美しいと思うこと自体が不自然なんだ」
かぁあ!理系的な考え方ができることをうらやましいと思うようになったんは彼の作品を読んでからだね。萌絵のキャラ設定とか無茶苦茶なのに惹かれてしまう。四季博士には、より惹かれてしまう。シリーズ10冊は自分で集めてね☆ちなみに冒頭のやりとりほどの衝撃が二冊目以降はそんなにないんよね~。でもガチ。じゃ、Fと13階段の返却お願いしまんにゃわ。

  • 2006/03/13(月) 00:05:11 |
  • URL |
  • 黒ぶちメガネ #-
  • [ 編集]

>理系的な考え方ができることをうらやましいと思うようになったんは彼の作品を読んでからだね。
帰納的な考え方なんて普段ほとんどしないからねぇ。謎解き部分を見た後、「そういう考え方ができたのか」と同じシーンを何度も読み返してしまったよ。

>萌絵のキャラ設定とか無茶苦茶なのに惹かれてしまう。
たしかに無茶苦茶なキャラが多いけど、それもまた魅力的。

返却をズルズル先延ばしにして宮崎に持って帰ろうと思ってたのに失敗

個人的にはシリーズものって、ある程度いくとパターンが決まってきてマンネリ化するから好きじゃないんだけど、これは集めても良いと思いましたよ。

  • 2006/03/13(月) 01:29:23 |
  • URL |
  • けい #-
  • [ 編集]

お☆嬉しいねえ。連続で読んでると食傷気味になるから間に入れた方がいいけどね。如何せん余計な事を言いたがるからなあ、犀川先生。
森博嗣のブログも興味深いよ。

レミオロメン、MCだけなら君のほうがいけそうやな。かっこわるかったなあ。

  • 2006/03/13(月) 01:50:37 |
  • URL |
  • 黒ぶちメガネ #-
  • [ 編集]

MCグズングズンだったなぁ…。前髪の分け方には相当な意気込みが感じられたのに。

Tシャツになってからも赤マフラーを外さなかったことが妙に腹立った今日この頃です。

  • 2006/03/13(月) 03:41:28 |
  • URL |
  • けい #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kei0629.blog16.fc2.com/tb.php/116-84431599